スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

劇団ひとり 公式炎上用ツイッターが話題に

先日オタクが登場する番組でオタクが愛するフィギュアを口に突っ込んで食べた事件で、劇団ひとりがツイッターを始めた。しかし完全にネタに徹しており、説明にも公式炎上用と書いてあたりから本気で謝ろうという気はほとんど感じられない。そこが面白いらしい。





劇団ひとりがツイッターを開始し、そこでも独特な世界観を醸し出している。そもそもひとりは、「大沢あかねブログ炎上事件」をきっかけにツイッターを開始した模様。その事件とは、5月27日のテレビ番組で、劇団ひとりが人気アニメ『けいおん!!』のフィギュアを口にくわえるなどのパフォーマンスをしたところ、同アニメファンがブログを持たないひとりの代わりに、妻であるタレント・大沢あかねのブログ記事に非難のコメントを殺到させたというものだ。

ひとりは、1日「劇団ひとりです。フィギュアを食べてすいませんでした。」とツイートを開始。翌日にも、「劇団ひとりです。(中略)フィギュアを食べてすいませんでした。」と、重ねて詫びた。お詫びをしてもネットユーザーから反応がないことに焦ったのか、3日には「炎上中の嫁さんのブログはコメント数が12000件。そして炎上しなきゃならない張本人のツイッターといえば三日目にしてフォロワー数は6人。どうしたもんでしょう。(中略)フィギュア食べてすいませんでした。」と嘆いていた。

当初は本人かどうかの確証がなかったため、ツイートの様子を見守っていたネットユーザーも、あるユーザーが7日、「有吉さん!この劇団ひとりさんって本物ですか?」と50万人ものフォロワーをもつお笑い芸人・有吉弘行にツイートしたところ、有吉は「先週、本人確認しました。」と返答。そこから爆発的にフォロワーが増え、9日15時時点で3万9000人にものぼっている。

ひとりは、その後も

「劇団ひとりです。 ゆで卵を二つ食べました。板東さんに遠慮して公にはしていませんが、実はゆで卵好き。ほぼ毎日食べています。 もちろんフィギュアは食べておりません」
「沢山のお言葉ありがとうございます。全てに目を通させていただき、心温まる声援に胸を打たれました。中には厳しいものもありました。34歳にもなり『うんこ』と罵られるのは本望ではありませんが、自分の撒いた種です。いつか万人に愛されるような太くて立派な『うんこ』になれるよう精進します。」

など、ひとりならではのユーモアも交えてツイートを続けており、辛口の2ちゃんねるユーザーたちにも

「逆にネタにしちゃってる感がいいな」
「イイナ。それでこそお笑い芸人」
「完璧にネタにしてるだろwwww いいぞもっとやれ」

など、おおむね高評価のよう。

さらにひとりは、ユーザーともやりとりをしており、タレントの小桃音まいをアイコンにしたユーザーを「アナタのアイコンを見たいがためにアナタをフォローさせてもらうことにしました」とフォローしたりし、「炎上芸人ですね!」というツイートに対しては「今は恋心のほうがすっかり炎上しちゃってるがねっ!」と切り返している。

きちんと謝罪をしながらも、すっかりネタにし、ツイッターを楽しんでいるところはさすがの芸人魂といえるかもしれない。





ツイッターで知名度を上げたり、逆に叩かれて消えていったり職場を追われたりと色々な人がいますよね。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。